心配り

現在うつ病になっている方との接し方

うつ病は昔と違い発病する方が多く、もともとの性格や考え方がネガティブな方であるとなる方が多く、脳内の感情コントロールする物質のバランスが崩れてしまうと起きてしまうと言われています。 うつ病になった方の接し方はどう行ったらよいのか悩んでしまう方も多いのではないかと思いますがそこまで難しく考えないことが大切です。接するときにいってはいけない言葉として励ましの言葉やうつ病を解決しようとする言葉を言ったり、責めたりうつ病をよく知っているふりをするような言葉を言うのはあまりよくありません。こういった言葉を投げかけるのは追い詰めてしまうためです。また相手の話をよく聞いてあげることはとても良いことです。こういった接し方を心がけるだけなのです。

今後このような病気の方はどうなってくるのか

これからもうつ病になってしまう方は増えるのではないかと言われています。 うつ病はなってしまったからといって一生治らないものではありません。治療を早期に行うことで早く治すことも可能なものなのです。 また接し方に気をつけることで重度になるのを防ぐこともできます。会話の内容よりも感情をくみ取ったり、あなたの味方であるということを伝えたり、健康的な部分を評価したり、温厚な心を持って接することが大切です。 また接し方として不安や絶望をやわらげる言葉を投げかけることや、絶対回復するといったポジティブな発言も大切です。仕事の場合ですと退職といった重大なことは延期させるようにしましょう。後で後悔するという方が増えているためです。