TOPICS

接し方

うつ病感謝に対してどのように接していいのかわからないという方もいるでしょう。うつ病とは脳障害による病気です。そのため適切な接し方があり、必要以上に気を使うというのもまた困りモノです。

もっと詳しく

心配り

うつ病患者との接する時は気を使うという場合も多いでしょう。実際に接する時はうつの症状に対して攻めるような態度や言葉はNGとされ、相手のペースに合わしてあげる心配りも大切です。

もっと詳しく

うつ病は恥ではない

うつ病は現代病のひとつです。そのためもし発症したからといって隠すことはなく、決して恥ずかしいものではありません。これは社会の構造のゆがみが引き起こしているだけであり、そのしわ寄せが症状になっているだけです。

もっと詳しく

うつ病患者の接し方

励ましてはいけない理由とは

うつ病が一般的に知られるようになり、うつ病になった人を励ましてはいけないということも浸透しつつあります。しかし、普通に生活している人のほとんどは医療関係者ではありませんから、それがうつ病なのか一時的な気分の落ち込みなのかを判断することは難しいものです。ちょっと元気がないだけだと思い、ハッパをかけたりしてしまいがちです。また、食欲がないと過剰に心配してしまって豪華な食事をお腹いっぱい食べる様に勧めてしまう場合もあります。うつ病になるような人と言うのは、人の期待に応えようと頑張り過ぎてしまう人が多いものです。病気になっても、精一杯周りの人の優しさに答えようと努力をしてしまいます。しかし、それがうまく行かないことで余計に落ち込み、自責の念が強くなる場合もあります。

励まさずに寄り添う方法とは

自分にとって大切なひとがうつ病になるというのは、とても辛いことです。でも、自分が辛いからと言って回復を急かしてはいけません。それは、疲れ切った人を無理に走らせるようなものです。大切な人が十分に休養を取ることが出来る様に環境を整え、疲れきった心を十分に休ませることが出来る様に、そっと寄り添い続けることが接し方のコツです。その人に無理をさせないことです。心にムチを打つような無理をしなくても、ただ世話を受けるだけになっても存在すること自体に価値があるということを感じてもらえるような接し方をするだけでいいのです。役に立つ人ではなくてもいいということを適切な接し方から感じ取ることが出来る様になると、大切な人は回復してきます。人は基本的により良く生きたいのです。どんな治療よりも大切な接し方を心に留めて回復の手助けをすることが何よりも重要です。

うつ病と打ち明けられたら

近しい人がうつ病になったら、次の3つのことに気をつけた接し方が必要です。 1つ目は、うつ病の人に寄り添いすぎて共倒れしないことです。自分が引きずられてしまわないように気をつけた接し方をしないと、うつ病の人が信頼するうちの1人を失うことになります。 2つ目は、「Iメッセージ」を使った接し方を心がけることです。うつ病の人は、人のあたたかさを求めています。そこで、「自殺は」いけないことだよ、「みんなが」悲しむよ、と、自分以外を主語にした接し方を続けると、うつ病の人の孤独はますます深まってしまいます。「私は」あなたに死なないでいてほしい、「私は」あなたがいなくなったら悲しいよ、と、常に「I」を主語にするよう気をつける必要があります。 3つ目は、スキンシップを増やすことです。寂しい気持ちでいっぱいになっているうつ病の人には、からだの温もりを与えることがとても有用です。可能であれば抱きしめる、背中をさする、頭をなでるなど、ささいなことでもスキンシップをはかるよう心がけると効果があります。 うつ病は、必ず治る病気です。適切な医療処置をほどこしつつこのように接していくことは、患者さんの早期回復に繋がります。

一緒にカウンセリングを受けてみる

最近になってよく行われるようになったのが、うつ病患者さんと一緒にカウンセリングを受けに行くことです。これも、非常に効果が高いです。 まず、身近で支える立場である人が一緒にカウンセリングを受けることで、その人にあった接し方を専門家の目からアドバイスしてもらうことができます。うつ病にいたるまでには様々な原因があるため、人によって必要とすることが違うことがあります。それを学ぶことで、それまでよりもさらによい接し方ができます。 そして、患者さんを支える人のケアもしてもらえます。患者さんは自分のことでいっぱいになってしまうことが多く、支える側にもかなりの負担があります。そこで、外部にもうひとつ支えてもらうところを持つことで、共倒れを未然に防ぐことができます。 うつ病の人と一緒にカウンセリングを受けることは、患者さんがより安心して療養できるようにするステップになるのです。

POSTS

良くな言葉とは

うつ病の患者に対して励ましの言葉をかけるのは良くないとされています。これは有名なもので、聞いたことがある方も多いでしょう。基本的に脳的に制限がある状態で励ますというのは良くないです。

もっと詳しく

うつ病のイメージ

うつ病ときくとマイナスなイメージを持ってしまいますが、誰しもなる可能性がある分だけにマイナスと捉えるのやめ、どのように治していくかをサポートしていくことが大事です。

もっと詳しく