うつ病は恥ではない

うつ病は恥ずかしい病ではありません。

ストレスが原因でうつ病を発症するケースがあります。仕事上のストレスや将来への不安など精神的ダメージは徐々に体への異変が伴ってきます。しかし現代社会においてストレスが全くない場所はありません。そのためかただストレスに弱いからうつ病になったと認識されるケースがあります。しかしうつ病は決してストレス耐性の強さだけで計るものではありません。  従来はストレスに弱いだけだというよくない認識がありました。しかしうつ病を発症する方は年齢も性別も様々で誰もが発症する全く恥ずかしい病ではないという認識に変わりつつあります。そのことを社会全体で理解されるように行政機関も動き始めています。  ストレスの原因も様々です。原因を一つ一つ解明していくことによって治療方法も増えていくことでしょう。」

家族へのサポートがあります。

最近ではうつ病でも新型うつ病と言われる病も知られるようになってきました。 新型うつ病は正式な病名ではありませんが、真面目で働き過ぎてうつ病になるという認識を持たれている方にとっては、新型うつはただの怠け者に見えてしまうケースがあります。もちろん家族の接し方も異なってきます。そのため患者さんへの接し方が分からないケースがあります。そして家族が疲れてしまう可能性が出てきます。接し方の正しい知識を持つ必要があります。行政機関では家族会や講演が行われ、うつ病患者への接し方をレクチャーしています。企業でも講演会など積極的に参加しているケースが増えて来ました。正しいうつ病患者への接し方がこれからますます確立されていくことでしょう。